一週間で肩こりを改善したい!そんな悩みがある方へ

肩こりは毎日のケアが重要

肩こりは1日や2日で起こるものではなく、長期間の姿勢の悪さや睡眠不足などの生活環境によって引き起こされます。そもそも肩こりは、首や肩甲骨周辺に存在する筋肉の緊張によって血流が悪くなるために起こります。そのため一番最初にすることは筋肉を十分に動かし血流をよくすることなのです。湯舟につかりながら肩甲骨を動かし首のストレッチをするだけでも血流がよくなりますが、継続して行うのは大変ですよね。

仕事の都合で寝る時間が遅くなってしまうケースや、座りっぱなしの仕事スタイルなど肩こりになる原因は様々です。このような悩みがある方が無理なく続けるためには、ながらストレッチがおすすめです。ながらストレッチは何かをしている合間にストレッチをする方法で、仕事や家事の合間に行うようにしましょう。

一週間で肩こり改善は可能なのか

肩周りの怠さや痛みを感じる原因の筋肉は、主に僧帽筋と肩甲挙筋です。そのため、この2つの筋肉のストレッチをすると肩甲骨の動きがスムーズになり、首周りの筋肉の柔軟性も高まる効果が期待できます。ゆっくりとした動作で行う肩甲骨回しを一週間ほど続けることが大切ですが、ある程度筋肉の柔軟性が戻ってきたらストレッチと筋トレを行いましょう。筋肉量が減ることで血液量が減り、十分な栄養を得ることができないことが肩こりの原因にもなります。

一週間で肩こりを完全に良くすることは難しいですが、毎日のケアが肩に感じる重怠さを改善する手助けになるので実践してみましょう。

神経ブロックという、麻酔薬を直接患部へ注射する治療法です。肩こり 注射は、トリガーポイント注射やブロック注射などの種類があります。

You May Also Like