健康な体を取り戻そう!肥満治療に必要な食事制限と運動療法

肥満治療に有効な食事制限とは?

肥満を放置しておくと、万病に繋がる原因となります。有効な肥満治療の一つとして食事制限がありますが、具体的にどのように進めていけば良いのでしょうか。摂取カロリーを大幅に下げるなど極端な食事制限に走ってしまうと、逆に体を壊すことになるため無理は禁物です。まずは自分の身長から適正体重を割り出して、そこに近づけることを目標としましょう。食事制限中に積極的に摂取したいのは、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれた野菜です。野菜に含まれる食物繊維の働きで腸内に溜まった老廃物も排出されるため、代謝アップにも繋がります。その他、糖質をエネルギーに変えるタンパク質も積極的に摂取する必要があります。大豆製品や脂肪が少ない鶏ムネ肉などは、高タンパク低カロリーの食品です。食事制限中はご飯やパンなどの炭水化物はできるだけ少なくすることが大事ですが、完全に抜いてしまうとエネルギーがうまく燃焼されなくなるため程々に食べるようにします。

肥満治療に効果をもたらす運動療法

肥満を解消して引き締まったボディを手に入れるためには、継続して有酸素運動をすることが大事です。ただし、あまりに肥満が進んだ人の場合は心臓に負担をかける恐れがあるため、主治医に相談の上適切な運動メニューを組んでもらうようにします。激しい運動が苦手という人におすすめなのはウォーキングです。うっすら汗をかく程度に30分ほど歩くだけでも、かなりの脂肪燃焼効果が期待できます。肥満による膝痛で歩くのが困難な場合には、水中ウォーキングという方法もあります。浮力によって膝への負担が軽くなるため、膝に問題を抱えている人でも安心です。

肥満治療は運動と食事によって行われます。普段動かない人が急に運動すると体に負担がかかってしまうため、治療の時にはウォーキングなどの有酸素運動から始められます。

You May Also Like